結婚と性を考える

MIX46016
ここでいうまでもなく、愛情も性関係も、その本質上、自由な個人間の関係であって、結婚のように法によって規制されるべきものでもなく、事実それらを規制する法は存在していません。
恋愛が御法度であったのはむかしのことであり、性関係も、それが売春行為でないかぎり、個人の自由であるのが現代です。このことをいいかえれば、愛情も性関係も、現代社会では、結婚だけの専売ではない、ということです。
それならば、なぜ、結婚と性関係が不可分のように考えるひとがいるのか。いま、その点について考えてみることにしましょう。
むかしは、結婚を、現代のような意味の性関係とはみていなかった、ということをまずいいたい。たとえば、よく知られているように、古代ギリシャにはヘタィラとよばれる売春婦がいて、性関係の相手は、これらの女性ということになっていました。日本でも、ごく最近まで、性関係の相手として売春婦が、公的に認められていました。
これらの事実は、そのような社会では一般女性や妻の性関係が無視されていたことを示しています。
性関係は結婚外のものとされ、妻は性関係の相手ではなく、こどもを生むための道具としか考えられていなかったことがわかります。「子なきは去る」といって、生殖能力のない妻は離婚されるか、あるいは、こどもが生まれるまでは何人でも妻やめかけをむかえることができたのもこの時代でした。
封建的家族制度から近代的家族制度へと変わるにつれて、おなじ結婚に対する考え方も変わってきます。近代思想にもとづく男女平等観が、女性にも性関係を認めることになります。といっても、男のために売春婦があるようなかたちで、女のためにそのようなものをつくりだしたわけではありません。
それは結婚の内部に求められ、結婚に新しく、こどもを生むことと無関係な性的要素が加えられるようになったのです。そして、女性解放がすすむにつれて、売春婦の非合法化が促進され、男性にとっても性関係が結婚外のものである要素は減少してきました。
さらに、私有財産制度にもとづく男権社会が、血統正しい子孫を生むために女性に要求した貞操が、近代社会においては男性にも求められるようになり、性関係は結婚内にはいっただけでなく、しだいに結婚内だけにかぎられるようになってきたのです。
これからここ→結婚相談所 比較 で、出会う結婚相手との関係が難しくなったとき、この話を思い出してください。
結婚と性関係を結びつけるこのような変化に、いっそう拍車をかけるはたらきを示したものに、近代以後の自然科学の発達があります。つまり、あらゆる面で中世の宗教的解釈をくつがえそうとする自然科学主義が、結婚をも、それは神が合わせるもの(キリスト)でなく、生物学的な雄と雌との結びつきにほかならぬ、というようにみることとなったのです。そうした考え方からすれば、結婚とは一組の男女の永続的な性関係である、ということになってもふしぎはないわけです。

恋愛もひとつの人間関係なんだ

EC045_L
恋する女はキレイ。むかしも今も、それは変わりません。
恋は女性の肌をスベスペにします。セックスは女性の体を磨き上げます。
そして僕がこの本に書いたのは、実は単なる「恋のテクニック」ではありません。
じゃあ、何を書いたかというと、「気持ちの表し方」について書いたのです。
恋愛もひとつの人間関係である。
僕はずっと以前から、そう言いつづけてきました。異性にやさしくできる人は、同性にだってやさしくできる。
だからこそ→自分の気持ちを相手にどう伝えるかが重要です。そのことを、もっともっとみんなにわかってほしい。
ひさしぶりに恋愛についての本を書いた目的も、そこにあります。
この本を閉じたあなたが次にすることは、街に出ることです。そうすれば、きっとステキな男性に出会えるでしょう。
あなたの恋が実ることを祈っています。
このブログを読んだあなたならきっと素敵な恋愛をし、幸せな結婚生活を体験できるでしょう。もしも行き詰ってしまったら、
もう一度このブログを読み返してみてください。更に、インターネットにはたくさんの助言がありますので、検索してみてください。
ただし、すべての情報は鵜呑みにしないように気を付けてくださいね。
最後に出会いのきっかけになるこちら→出会いがない 社会人 をご紹介して終わります。

モテる女性になる秘訣

EC044_L
●男性向け官能小説を読んでみましょう。「男の欲望」の予習です。
●エッチな雰囲気にするのは、いまや女性の役目です。ガードを堅くしたり、男性からの誘いを拒んでばかりいませんか?
●エッチな雰囲気づくりには、まず会話から。エッチな話題をふるだけで、男性はその気になります。
●きっかけづくりでモテるコツ①
お酒を使いましょう。今もむかしも、セックスの「いいわけ」として、最強の手段です。
●きっかけづくりでモテるコツ②
夜の公園へ出むいてみましょう。場所選びも大切です。
●きっかけづくりでモテるコツ③
自分から「したいの」と誘ってみましょう。これを聞いた男性は、すべて落ちると言っても過言ではありません。
●セックス上手になれるコツ①
キス上手は、セックス上手です。キスは、口と口のセックスです。そのためには、長くキスができるようになりましょう。つまり、工夫しだいだということです。
●セックス上手になれるコツ②
とにかく素直であること。ベッドの上で、タブーはありません。男性のしてほしいことをしてあげたり、自分のしてほしいことをおねがいしたり。それだけで、「男好きする女」になれます。
●セックス上手になれるコツ③
経験をつみましょう。スポーツと似ているセックスは、回数を重ねれば、それだけコツがつかめてくるはずです。「習うより慣れろ」です。
これらの秘訣を知った今のあなたならきっとここで素敵なパートナーを見つけた後も失敗しないかも。

男女の関係をより深くする方法

EC043_L
昔のアメリカ映画にこんなのがありました。
女性にめかくしをして、男性が氷を彼女の肌の上で転がすという場面。女性はもちろんされるがままです。
この関係を逆にしてもおもしろいかもしれません。男性にめかくしをして、女性が氷を男性の体の上で滑らせる。
レイプごっこというのもおすすめです。女性の方が怯えたふりをして、必死になって男性を拒みます。
もちろんぜんぷお芝居です。
プチSMもいいでしょう。道具がなくても言葉で相手を責めることはできるのですから。
時間がただ長いだけとか回数が多いだけとか、そんな単調なセックスはつまらないと思う。セックスそのものもちゃんと演出した方が楽しめるのです。
黙々と体だけを使ってやるよりも、やはり頭を使った工夫のあるセックスの方が、興奮の度合いは高いと思います。
相性が合った相手と出会いたいなら出会い系 サクラいない こちらへどうぞ。

セックスは、「習うより慣れろ」が基本
セックスについていろいろと書いてきましたが、ここではまとめとしてセックスの極意についてふれてみましょう。
セックスはやっぱり回数です。場数をふんだ人の方が圧倒的にうまい。だから、セックスはスポーツなどと似ています。
したがって、モテ女になるためには、経験がものをいうのです。いくら耳年増でも経験豊富な人にはかないません。
出会った男性全部と寝ろとは言いませんが、それなりの経験はつんでほしい。
一方でで男性の中には、ぎごちない初心者の女性を好む人がいるのも事実です。
ですから、自分の経験を男性に悟られないようにしなければなりません。そのためには、テクニックを小出しにします。
最初から全部を出してしまっては、男性
の方がひいてしまいます。相手の男性に教えられたのだという形をとりましょう。
ここでも男のメンツを尊重します。それには、最初の日から飛ばさずに、日数の経過とともに、だんだんワザを繰り出していくのです。これがコツです。
あとはもういかにセックスを楽しむかです。それしかありません。楽しむためには没頭することです。
そうすれば、男性だって女性の方の経験について、いちいち詮索などしていられなくなるからです。

妻の意識が変われば家族も変わる

EC042_L
妻の意識が変われば、専業主婦としての行動にも変化が生まれ、子供を自分の所有物ではない、ひとりの人格として認められるようになるだろう。
妻が自分で収入を得、経済的に自立するようになれば、夫と妻の関係は大きく変化してくる。対等な立場に近付くのだ。
一時的には家庭内に混乱が生じても、長い目で承れば、妻の自立が、夫と子供を解放し、自由に生きることの意味を受容する結果につながっていくであろう。
将来、子供の結婚、夫の退職などの局面でも、本人の意志を尊重した選択を可能にし、お互いの幸福を無視して足をひっぱり合うことがなくなるだろう。
素敵な結婚相手を探すなら結婚相談所 選び方 ここから初めてみてください。きっと良い相手が見つかります。
長い老後の暮らし方
シンデレラの現実・玉の輿の乗り心地
女性の結婚生活において、もっとも大きな変化は平均寿命が延び、八十歳まで生きられるようになったことだろう。
それは取りも直さず生き方の指針を新たに創りだしていかなければならないことになる。
とくに女性の寿命が男性より五歳も長くなったということは、「老後問題」は女性の問題であり、女性の生き方を問い直す大問題ということになる。
一番の問題点は、「母親」としての役割を女性が人生のなかで果たす期間が非常に短くなったことだろう。
七、八人の子供を生んで育てていた時代の女性は、末子が小学校へ入学する頃には、過労と栄養失調のため死亡する例も多かった。
三十数年前の一九五○年でも、平均寿命は六十歳位だったので、末子が社会人になって母親としての役目を終えると同時に死亡していった。
女性にとっての人生は、結婚して数人の子供を生むと、子育てにかかり切っているだけで、終局を迎えてしまうというパターンが長く続いてきた。
老後をどう過ごすかなどと、あまり考えなくて済んできたのだ。幸運にも「長生き」すれば、孫の子守りをして暮らせば良かったのだ。
しかし、現在子供は一人か二人、子育てが終わっても、なお三十年以上生き続けなければならなくなった。結婚し、子育てをした後に何をするかが問題になってきた。
とくに専業主婦の立場の女性にとっては、予想外の大問題だと思う。
そして、夫もまた長生きするようになったので、夫婦として付き合う期間が非常に長くなった。夫が退職してからも、二十年近く二人で向き合って生活することになる。
「粗大ゴミ」とか「濡れ落葉」とかいって夫を邪魔者扱いにするだけでは解決しない。
年老いた妻たちには、夫にまつわりつかれたり、家のなかに閉じこめられて自由に行動できないことに、不満をつらのせている人が多い。
しかし、そのように仕向けたのは、他ならぬ「妻」、とくに「専業主婦」なのだ。

目標もなく夫に依存した生活の為に結婚したら

EC041_L
自分自身の目標がなく、夫に依存して生活するために結婚したような妻にとっては、夫の出世そのものが自分の生きがいにならざるを得ない。
しかし、夫に献身的につくしても、万一、夫がエリートコースをはずされ、窓際族にされたとしたら、彼女の苦労は水の泡になってしまう。
そんな夫に失望した妻は、次のターゲットを子供に向ける。学校の成績を上げ、有名私立学校へ入れることに専念するエリート夫人は多いのである。
夫や子供にとっても、専業主婦が家にいることは大変便利である。身の回り一切の雑事を引き受けてくれ、食事やお風呂の準備はいつでもできているからだ。
しかし、彼女の期待が大きいだけに夫や子供にとって「重たい」存在でもある。気の弱い夫や子供たちは、その重圧から逃れようともがき苦しむ。
妻にしてみれぱ、これ程自分を犠牲にしてつくしているのにもかかわらず疎んじられ、その理由がわからないのでイライラしてしまう。
高価な洋服やアクセサリーを買うこともなく、夫と子供のものを最優先にして、つつましく家計をやりくりしているというのに、ナゼ?。
観劇とか音楽会などのお金のかかる趣味はセーブして、家のなかでできる読書や手芸に精を出すほかない生活。
たいくつで平凡な毎日だと、告白するエリート夫人は多い。ある大企業の部長夫人は、「わたしは飼い殺しにされている」と言っていた。
妻、夫、子供がそれぞれに相手をいたわり、自分を犠牲にして暮らしているのに、
明るく楽しい心の通う家庭にはならないで、バラバラに断ち切られた、単なる孤独な個人の集合体になりやすい家族。
中流玉の輿はこんな結論に終わるおそれが多いのである。
こんなのっぴきならない状況に突破口をつくるのは、「妻」が自我に目覚め、人間としてひとり立ちすることだと思われる。
こんな家庭にならないよう、正しく尽くせる相手をで、見つけましょう。